データ消去証明書発行手数料半額表記
マイナンバー制度の導入に伴い、データ消去証明書の発行が必須になりました
データ消去証明書サンプル  | PDF  GIF 

データ消去証明書を発行する
簡易データ消去証明書発行サービス


簡易データ消去証明書発行サービス価格表記
データ消去証明書サンプル  | PDF  GIF 

マイナンバー制度って?

日本国内に住民票を有する方に個人番号を付して、情報管理の効率を上げるために利用される制度です。
法人や企業においては、社会保障や税金に関する手続きの書類を作成する為に従業員の方に提出を求め、この管理を行う義務を負います。

外部サイト:マイナンバー社会保障・税番号制度

どんなキャンペーンなの?

2016年1月より運用が開始されるマイナンバー制度ですが、施行にあたりマイナンバーを取り扱う事業者は特定個人情報に属するマイナンバーの管理について、これを取り扱う業者は適切な安全管理(業者に依頼をした際には、データ消去証明書の発行、保管)を行う事が義務付けられました。

パソコンリサイクルセンターではこの制度の施行に伴う、企業様、法人様において増加されるご負担を鑑み、よりお気軽にご利用をいただけますようデータ消去証明書発行サービスの利用手数料を従来の半額(記録媒体1台あたり2,100円→1,050円)でご利用いただけるキャンペーンを実施させていただきます。

(※データ消去証明書の発行有無に関わらず、お預かりさせていただきましたパソコン、記録媒体搭載機器は全て無料でデータの消去を徹底させていただいております)


ヘルプ・オプションサービスの申込方法
どんな機器が対象になるの?

対象になる機器一例写真

マイナンバーを入力してデータの保存を行ったことのあるパソコン、記録したHDDなどが対象になります。
従業員の方の給料の支払いや税金書類の作成などにマイナンバーの入力や保存を行ったパソコンは、
廃棄処分を業者に委託する際にはデータ消去証明書の発行、保管をする事が義務付けられています。

どうやって廃棄すればいいの?

ガイドラインに定められている方法として、
【個人番号若しくは特定個人情報ファイルを削除した場合、又は電子媒体等を廃棄した場合には、削除又は廃棄した記録を保存する。また、これらの作業を委託する場合には、委託先が確実に削除又は廃棄したことについて、証明書等により確認する】
と指定されています。
この義務を怠りマイナンバーの漏えいがあった場合には、既存の個人情報保護とは異なる重い罰則が科せられます。

外部サイト:はじめてのマイナンバーガイドライン(事業者編)

データ消去証明書って?

本文下にございますリンクより、サンプルがご確認いただけます。
こちらの証明書には、消去作業を経てそれぞれ下記の情報が記載されます。

・データ消去作業日
・データ消去作業場所
・パソコン、機器の型番
・機器のシリアルナンバー
・消去方法
・内蔵記録媒体の型番
・内蔵記録媒体のシリアルナンバー

ラベル管理

通常のラベル(カラーシール)ではなく、作業日、スタッフ名、作業内容を記載した専用のラベルで管理します。

シリアルNO管理

本体またはハードディスクのシリアルNOで一元管理することで、入荷⇒消去⇒証明書発行の工程で絶対に漏れが起きないようにしています。

データ消去証明書

作業完了後にデータ消去証明書を作成し、郵送にてお届けします。

PDF GIF
データ消去証明書の発行費用は?

パソコンリサイクルセンターでは、本制度の導入に伴いキャンペーンとして従来価格の半額(記録媒体1台あたり\2,100→\1,050)にてデータ消去証明書を発行させていただくキャンペーンを実施致します。
期間限定のキャンペーンとなっておりますので、是非この機会にご利用下さい。

ヘルプ・マイナンバー制度への弊社対応について