梱包資材がない場合
近所の量販店でダンボールをもらってくる

スーパーや酒店やディスカウントストアーでは、利用客に無料でダンボールを提供していることがあります。
お客様用ダンボールコーナーが設置されていることが多いので、お近くのスーパーでお尋ねください。
緩衝材となる新聞紙は、販売店でお願いをすると古新聞を分けてくれることがあります。

梱包資材調達参考写真

家財宅急便を使う

ヤマトホームコンビニエンスが運営している、「家財宅急便」というサービスがあります。
配送業者が回収、梱包、配送まで全て含めて行ってくれますので、お客様は利用申込をするだけで梱包作業をする必要がありません。
家財宅急便の利用料金はお客様負担となりますのでご承知置きください。

家財宅急便の利用手順

店舗に直接持ち込む

当店がお近くの場合は、お車で直接お持込ください。
梱包は一切御不要となっております。
大量のお引取りでも対応ご対応可能となっておりますので、不要なパソコンや家電や事務機器は是非お気軽にまとめてお持ち下さい。

持ち込み廃棄の際の参考写真