木材製品、ガラス製品の処分方法

当店では木材製品、ガラス製品の処分は受け付けておりません。
誠に恐縮ながら、お送りいただいてもお受け取り致しかねますのでご注意ください。

木材製品とは・・・

木材が構成しているパーツの大半をしめている製品。

ガラス製品とは・・・

シーリングライトや、蛍光灯など、ガラスを用いている電化製品。
主に照明器具と、その消耗品である蛍光灯。


これらの製品は素材の分離に工数がかかり、素材自体のリサイクル価値も低いため、お取り扱いが出来なくなっております。

行政に処分方法を確認する

市町村により処分方法は異なりますが、一般的には粗大ゴミとしての処分が可能となっております。
対象となる品のサイズが小さい場合には、自治体により可燃物、または不燃物として専用のゴミ袋に入れて処分が可能な自治体もございます。
粗大ゴミとして処分する場合は、コンビニ等で粗大ゴミ処理券を購入し、自治体の委託している業者に回収に来ていただく方法が一般的になります。
可燃物・不燃物として処分する場合は、通常のゴミと同様の回収日に合わせて、指定されたゴミ袋に入れて所定の場所に置いておきましょう。


市町村により処分方法が異なりますので、詳細に関しては最寄の役所、自治体にお問い合わせください。