着払い無料引取サービスを利用する
無料引取サービスを利用する

パソコン内のデータを消去する

パソコンの内部にあるハードディスクには、さまざまな個人情報が保存されています。
デジタルカメラで撮影した写真データ、ワープロソフトで製作したテキストデータ、ホームページの閲覧履歴などが残留しており、そのままの状態で第三者の手に渡ると、最悪の場合データを悪用されてしまう恐れがあります。

上記の為、パソコンを処分する際には必ず「データ消去」を行う必要があります。

パソコンリサイクルセンターはデータ消去をしない状態でパソコンをお送りいただいても、当店スタッフ責任をもって一台一台消去作業を行わせていただいております。

データを消去していない状態でのお送りが御心配な場合は、お客様自身でハードディスクを抜き取っていただくか、データを消去されました上で廃棄品をお送りいただいても結構となります。

ここでは、御自宅でハードディスク内のデータを消去する方法を説明いたします。

ヘルプ・データ消去はしてもらえるの?

物理破壊によるデータ消去

ハードディスク内にある、データを保管している【プラッタ】を物理的に破壊する方法です。
ハードディスクのプラッタを物理的に破壊すれば、通常データの復旧は不可となります。


パソコンからハードディスクを取り外す

はじめに、パソコンを分解してハードディスクを取り外します。
ハードディスクの搭載されている箇所は、メーカーや機種により異なります。

■デスクトップパソコンの場合

手順その1

本体側面のカバーを固定しているネジをドライバーで外し、
側面カバーを外すとパソコンの内部にアクセスできます。

■ノートパソコンの場合

手順その2

本体底面カバーを固定しているネジをドライバーで外すとハードディスクが確認できるタイプのノートパソコンが多くなっておりますが、機種により搭載されている箇所が異なっています。
分解そのものが非常に困難なケースもあり、最近では記憶媒体がマザーボード上にチップとして搭載されていることも増えてきました。

詳しい取り外し方法については、下記のサイトが参考になります。

ノートパソコン分解.com


ハードディスクを物理的に破壊する

取り外したハードディスクを分解し、「プラッタ」を破壊する方法を紹介します。
※危険な作業のため、手袋やゴーグルを用意して作業を行ってください。

トルクスドライバーの説明

こちらはデスクトップ用の3.5インチハードディスクです。
ハードディスクを止めているネジは、「星型」の特殊なネジです。
通称「トルクスドライバー」と呼ばれ、ホームセンターなどで入手することが出来ます。

ドライバーの差込方

ネジをすべて外したら、本体と上蓋の隙間にマイナスドライバーをねじ込んで上蓋を外します。

カバーを外したHDD

上蓋を外した状態です。
鏡のように反射している円盤が「プラッタ」と呼ばれるパーツで、ここにデータが保存されています。
プラッタの素材は重荷ガラスやアルミニウムなどで出来ており、非常に頑丈に出来ています。
ハンマーで軽くたたいてみても傷が付く程度で、割れ辛くなっております。

プラッタを破砕したHDD

プラッタ部分にタオルを1枚敷いて、プラッタの破片が飛び散らないよう注意します。
思いきりハンマーを振り下ろすと、破壊することが出来ました。
見事に粉々です。

ドリルでのプラッタ破壊

業務用のドリルを使っての物理破壊方法を紹介します。
ハードディスクを分解せず、ドリルの刃を上蓋から貫通させて、プラッタ部分に穴をあけます。

プラッタ貫通後

4箇所に穴をあけました。
ドリルを通す箇所により、鉄の骨組みが邪魔をして非常に貫きづらいケースもございますので、作業には注意が必要です。
最後にドリルの刃がきちんとプラッタまで到達しているか確認して、作業完了です。

併せて基盤破壊後

ハードディスクの基板面にも併せて穴をあけておけば、より確実となります。


ソフトウェアによるデータ消去

ソフトウェアによるデータ消去

データ消去ソフトはフリーのもの、有料のもの、さまざまな種類があります。
ここでは、MAXTOR社製のハードディスク消去ソフトを使用します。

利点 : メーカー問わず、ほとんどのハードディスク、SSDに対応している。
難点 : 通常のフォーマットと異なり、かなりの時間を要します。
     対応しているハードディスクの容量は1TBまでです。
     1.5TB以上の場合は、当方の環境では使用できませんでした。


このソフトの特徴を説明しますと

通常のフォーマット(WINDOWS標準のフォーマットなど)では消去が出来ないデータを
「ゼロライト」「ローレベルフォーマット」と呼ばれる「物理フォーマット」と呼ばれる方式で消去をすることができます。

Windows上の消去方式は通常「論理フォーマット」と呼ばれるもので、 表面上では消去自体が完了していても、簡単にデータを復元できてしまいます。

論理フォーマットのイメージは、「コンクリート土台の上に砂を撒いている」ような状態で、コンクリート土台に残留しているデータを完全に消去出来ません。
一方、物理フォーマットのイメージは、「コンクリート土台を全て粉砕した後、新しくコンクリートの土台を再構築する」ようなものです。
ゼロライトの消去方式でフォーマットすると、復旧ソフトを用いてもデータを復旧出来ない状態になります。


起動用CD-Rを作成する

まず初めに、下記URLから用途に合わせソフトをダウンロードします。

http://bto-pc.jp/btopc-com/powermax/

手元にFDドライブが無かったので「CD/DVD起動用ISO」をダウンロードしました。

イメージダウンロード

左が解凍前、右が解凍後になります。

書き込みイメージ

解凍してできたISOファイルを、書き込みソフトでCD-Rに書き込みます。

書き込みイメージ

書き込んだCD-Rに「boot.catalog」「boot」があれば成功です

CD-Rから起動する

作成したディスクを起動します。
光学ドライブにディスクを入れてブートさせるだけですが、一部のパソコンではそのままではうまく起動できないことがあります。
その場合、BIS画面で「CD/DVD」を起動ドライブの1番目にするか、ブートメニューを表示させて「CD/DVD」を選択するとうまくいきます。

Maxtorのロゴ画像

CDからブートさせると、MAXTORのロゴが表示されます。

継続選択画面

このような画面が出たら、F8キーを2回押します。

スキャン写真

パソコンにつながれているハードディスクをスキャンします。
この作業は多少時間がかかります。(およそ2分)

消去HDD選択

認識したハードディスクの一覧画面になります。
消去するハードディスクの型番を選んで、Enterを押します。
誤って別のハードディスクを選択して消去してしまうことがないよう、
他のハードディスクは事前にパソコンから外しておいた方がよろしいかと思われます。

ローレベル参考画像

メニューの中から、上から5つ目の Low Level Format (Full)を選択します。
Quickを選ばないようにご注意ください。

消去確認画面

赤いウィンドウが開き、本当にデータを消去していいか2度にわたり確認が行われます。
どちらもYesを選択します。

ゼロライト作業画面

ゼロライトデータ消去作業中の画面です。
画面右上でハードディスクの型番を確認できます。

ゼロライトの作業時間は
デスクトップ用 3.5インチハードディスク 250GB 1時間程度
デスクトップ用 3.5インチハードディスク 500GB 2時間程度
デスクトップ用 3.5インチハードディスク 1TB   4時間程度

ノートパソコン用の2.5インチハードディスクは、
3.5インチに比べて30分ほど多く掛かります。

ゼロライト完了画面

ゼロライト処理が完了するとこのような画面になります。
緑の文字で Passed と表示されれば消去は成功しております。

ゼロライトエラー画面

ハードディスクの内部的な故障があったり、
ソフトが対応していないハードディスクだった場合は、
このようなエラー画面になります。

こういったエラー画面が表示された場合は、物理破壊処理を行ってデータ消去を行うことをお勧めします。